あなたのカート

Clark Little


クラーク・リトルは1968年カリフォルニア州ナパで生まれ、その2年後に父親の仕事でハワイ州ノースショアに移住した。
1980~90年代にかけて地元ワイメアベイで、危険なショアブレイクサーフィンのパイオニアとしてその名と才能を轟かせた。
転機が訪れたのは2007年、クラークの妻がベッドルームに海の写真が飾りたいとクラークに頼んだことが始まりだった。
彼はそのサーフィンの技術と経験、何より海への情熱でカメラを手にすることを決め、美しく、そして力強いハワイのショアブレイクを撮り始めた。
彼の写真はHewlett-Packard (HP)やNikonの広告やナショナル・ジオグラフィック、ニューヨークタイムズ新聞にも掲載され、 ワシントンDCのスミソニアン博物館にも作品が展示されるなど、サーフ界の外へも拡大している。
2010年カリフォルニア州のラグーナビーチ、そして2011年ハワイのノースショアにクラーク・リトル ギャラリーが2店舗オープン。

http://www.clarklittlephotography.com